審査の甘いキャッシングについて

キャッシングを契約したいが審査に落ちたくないので、甘い業者を探したいという人は、意外にも多いです。

そのような人は、とりあえずいくつかの業者に申込みをしてみるというのがひとつの手ですが、それでうまく行くこともあれば、申込みブラックになってしまうこともあります。

出来れば一回の申し込みで借りたいものです。そのためには審査に通りやすい甘いキャッシング会社を選択する必要があります。

実際にはどこの会社もしっかりと審査を行いますので甘い会社はありませんが、ポイントを抑えることで、スムーズにキャッシングする事ができます。そのためのキャッシングのコツを紹介したいと思います。

収入の証明が不要なキャッシングは審査が甘い

必要となる提出物が少ないところは、厳しいチェックを行っていない可能性があります。

特に収入を証明する書類を求めない会社は、厳しくないケースが多いでしょう。

お金に困って利用したいと思う人の中には、収入が安定していない人も多いと考えられます。そのような人たちは、収入の低さが落ちてしまう原因になりやすいです。お金を回収できる見込みが少ないと判断されるからです。

そのため収入に自信がない人は、収入を証明する必要がない会社を選ぶのがポイントです。

ただし、無審査であることをアピールしている会社には注意が必要です。正規の会社は無条件に融資することはありません。そのため、一切チェックしない会社の場合は悪徳業者である恐れがあります。

無条件ではなく、条件付きで提出が不要になるところを探した方が安全です。たとえば正規の会社であっても、希望額が一定額までなら収入を証明しなくても良いところは少なくありません。

特に消費者金融系のキャッシングは50万円を基準にしているところが多く見受けられます。そのような会社を選べば、希望額がそれ以下なら厳しくチェックされることは少ないでしょう。

金利の設定が高いキャッシングは審査が甘い

キャッシングの金利は会社によって異なります。実は金利によって、融資の厳しさを推察することが可能です。

一般的に金利が低い会社より、金利が高い会社の方がチェックが甘いといわれています。金利を低く設定している場合は、利用者一人あたりから得られる会社の利益は多くありません。

そのため一人ひとりから、しっかり回収する必要があります。その準備として、回収の見込みを判定するチェックを厳しくせざるをえません。

その一方で金利が高い会社は、回収できない利用者がいても、他の利用者から得られる利益によって損失をカバーしやすいです。回収できないリスクをある程度想定して、金利を設定しているといえるでしょう。

そのためチェックも、金利が低い会社より甘くなる傾向があると考えられます。返済額を気にして金利が低い会社に惹かれてしまいがちですが、とにかく借りることを最優先に考えるのであれば、金利の高いところを選ぶのが得策です。

ただし利用後に、高金利の返済に悩まされないように、資金繰りの計画を綿密に立てておきましょう。

自分名義の口座がある銀行は審査が甘い?

キャッシング業者というと消費者金融をイメージしがちですが、実は銀行でもチェックが甘いところがあります。

一般的に銀行はチェックが厳しいといわれていますが、ある条件を満たす場合は通過しやすくなることがあるのです。

それは利用しようとする人が、その銀行の預金者であるケースです。定期預金などの口座を持っている人には、収入や所得の証明を求めない銀行が存在します。

そのような銀行では、厳しいチェックを受けることなく即日の融資を行ってもらえるでしょう。

それだけでなく、利用の際の金利を下げるなどの特典を用意しているケースも見られます。そのためチェックが厳しくない会社を探す場合は、まず自分が利用している銀行について調べてみると良いでしょう。

銀行は総量規制の対象外であるのが大きな特徴です。希望額を年収の1/3に収める必要がありません。大きな金額が必要な場合も、銀行を優先的に調べるのがおすすめです。

まずはキャッシング会社を4社までに絞る

キャッシングの審査が甘い業者を探している人は、インターネットの口コミなどを参考にして、まずは4社くらいまでに業者を絞るのが良いでしょう。

短期間にたくさんの業者に申込みをしすぎると、いわゆる申込みブラックになってしまいます。1カ月あたりに申込みをするのは、4社までに抑えておいたほうが良いです。

申込みの記録は信用情報におよそ6カ月間残りますので、もしも申込みブラックとなってしまったら、6カ月間は待たなくてはならなくなります。

インターネットの口コミなどを参考にしながら、自分が通りそうなキャッシング業者のうち、難易度が高い業者から低い業者まで、4社くらいをピックアップしてみて、難易度が高い業者から順番に申込みをしてみましょう。

お金を借りる時に重要になるのは、年収、勤続年数、勤務形態などの項目の他、個人信用情報、他社からの借入状況なども重要になります。

不安要素が、年収が低いというだけならば、銀行カードローンでも無理のない金額ならば可決される可能性がありますが、過去に2回、3回と延滞をしていて、個人信用情報に傷がついている人は、大手の消費者金融がおすすめになります。

銀行カードローンでキャッシングするための目安

銀行カードローンに申込みをするためのひとつの目安として、過去に延滞をしていないこと、他社からの借入が3件以内というものがあります。

延滞の記録は2年~7年くらい残りますので、2年以上経過しているなら、延滞の記録は消えており、影響がない場合もあります。延滞が1回や2回ならば多めに見てもらえることもあるので、ケースバイケースですが、銀行カードローンの中には応募条件に「過去1年以内に延滞がない方」というものが書かれていることもあります。

この目安をクリアしている人なら、まずは銀行カードローン2社~3社くらいに申込みをしてみることもおすすめできます。

そうでない人は、大手の消費者金融に申込みをしてみることがおすすめです。

また、銀行カードローンで可決される可能性があるような人でも、金利が高くても良いからすぐにカードローンを契約したいという人は、大手の消費者金融(キャッシング)がおすすめです。

大手の消費者金融(キャッシング)のメリット

大手の消費者金融(キャッシング)のメリットは、30分程度の審査ですぐに結果がわかるということです。

可決されたならば、そのままお金を借りることができますし、もしも否決されてしまっても、30分程度ですぐに結果がわかるので、タイムロスはそれほどではありません。その後、さらに難易度が低い業者への申込みを検討してみましょう。

自分の属性では銀行で借りることは難しいだろうと思った人は、まずは大手の消費者金融に申込みをしてみましょう。

インターネットの口コミや公式サイトなどを参考にして、大手4社のうちどこに申込みをするのかを決めましょう。「30日間無利息」というサービスがある会社がおすすめです。

そこで否決されたら、大手で借りることは難しいということが判断されますが、次の申込みをする前に、なるべく原因をつきとめるようにしておきましょう。

ブラックリストに載ってしまっているということが原因だった場合には、中小規模の消費者金融でもかなり選択肢が限られてしまいます。

致命的な原因ではなく、年収が低い、過去に延滞を3回~4回くらいしている、他社からの借入が4件ある、といった理由ならば、中小規模の消費者金融で3万円~7万円くらいなら可決される可能性があります。

ページの先頭へ